機種変更やなんやかんやで、約2年でお役御免になるスマホですが、前に使っていた機種って何かに使ってますか?

Wi-Fiで繋がるので何か使えそうだなと思いきや、SNS関係のアプリは電話認証だのいろいろあって、Wi-Fiのみの環境では使えないんですよねぇ。

かといって、安いSIMを使おうと思ってもロックがかかっていて使えない。

そんなこんなで、眠ったままのスマホを持っている人は多いと思います。

そこで、使い方の提案を・・・・・「君のそれ、監視カメラにしてみない?」

監視カメラアプリの紹介

スマホを監視カメラにするには、アプリを使用します。

1つのアプリで「カメラ側(撮る)」と「ビューアー側(見る)」の両方が使えるものもあれば、それぞれに別のアプリが必要なものもあります。

日本語に対応しているものとしていないものがあるので、導入の際には注しないといけません。

あとは、ライブストリーミング(常に動画配信)しているもの、一定間隔で写真を撮るもの、動体検知で録画してメールで通知するものなど、アプリによって様々です。

私の場合は「無料」「現状を動画で見たい」「高画質」というペット監視用途ですので、それに合ったアプリを探します。

見つかったのは、以下の3種類。

執事アルフレッド

WardenCam

AtHome CameraAtHome Video Streamer

さっそく使ってみました。

執事アルフレッド

このアプリを使用するにあたって必要なのは、Googleアカウントです。

Googleアカウントでカメラとビューアーが接続するので、持っていないとどうしようもないですね。

ただ、Androidのスマホを持っている人はGoogleアカウントを持っているのが普通ですから、それほどの問題でもありません。

Screenshot_2015-06-05-15-19-38Screenshot_2015-06-05-15-20-00Screenshot_2015-06-05-15-20-06

スタートはこんな感じ。

ビューアーかカメラを選択して次に行くと、Googleアカウントでのログインになります。

それで完了。

カメラ側のスマホの映像を簡単にビューアー側のスマホで見ることができます。

ただし・・・画質が荒い!コマ落ちが過ぎる!!など、簡単なだけあって、最低限度の監視カメラになります。

こんなにザラザラだと、証拠で本人と断定はできないでしょうねぇ・・・(-_-)

WardenCam

さて、このアプリですが、使ってみてわかったことがあります。

無料じゃないじゃん!!

累計24時間まで無料とか、わかりづらいわっ!!

ちなみにこのアプリもGoogleアカウント必須です。

あと、DropBoxがあればそちらに動画を保存したりできるそうです。

ただ・・・・・無料じゃない!!

画質がいいし、日本語だし、よかったのになぁ・・・。

AtHome Camera&AtHome Video Streamer

このアプリは、カメラ側とビューアー側が別のアプリになっています。

監視カメラの場合、片方は撮る専用で片方は見る専用になることがほとんどですので、これでいいのでしょう。

ちなみにこれ、日本人なら結構間違えそうですが・・・AtHome Cameraが見る側、AtHome Video Streamerが撮る側です。

また間違えて逆に入れたよ・・・

このアプリは、特別にアカウントが必要とかそういったことはありません。

撮る側のアプリに表示されたQRコードを、見る側のアプリで読み取ればいいだけの非常に簡単なつくりです。

QRコードさえわかれば、どこのカメラでも見れますし、だれにでも解放できる。

ただし、完全に英語です!!だけど、簡単な英語なので大丈夫です!

まずはカメラ側の用意をしましょう。

1.Screenshot_2015-06-05-15-33-08

最初に、ストアからアプリを探します。athomeと入力して検索すれば、両方とも出てきます。

2.Screenshot_2015-06-05-15-35-02

3.Screenshot_2015-06-05-15-35-23

インストール後にカメラ側でAtHome Video Streamerを起動すると、2の画面が表示されます。Generate QR Codeをタップすると、QRコードが表示されます。(一応ぼかし処理をしてあります)

続いてビューアー側のスマホの設定をしましょう。

4.Screenshot_2015-06-05-15-33-35 5.Screenshot_2015-06-05-15-33-45 6.Screenshot_2015-06-05-15-33-55

インストール後にAtHome Cameraを起動すると4の画面になるので、Start to Use Now!をタップします。

5の画面では、Streamer on Smart Phoneをタップ。

6の画面でNext Stepをタップします。

7.Screenshot_2015-06-05-15-34-01 8.Screenshot_2015-06-05-15-46-04

7の画面でTap Here to scan the QR codeをタップしましょう。

読み取りが終えたら、カメラに接続されます。

ハイビジョンサイズではないものの、画質はかなり細かいと思います。

アプリの使い方も、英語ですがとっても簡単です。

こちらから話しかけたりもできますよ((#^.^#)

あと、他の2つに比べて、遅延が少ないです。

カメラ側をWi-Fi、ビューアー側を4Gで見てみましたが、コマずれがたまに起きる程度でしたので、十分だと思います。

結論

使ってみた総合的な判断で、私はAtHome Camera&AtHome Video Streamerを使うことに決めました。

これで、外出中や県外遠征中でも確認ができます。

だけど心残りなのは、サイトに動画公開できないところですかね。

あくまで、スマホをスマホで見るだけです。

公開するためには、IPカメラ化しないといけないんですよ~。

それはそれで面倒(*_*)