様々な電話がかかってくるが、今日も変なところからかかってきた。

「光支援センター」なるところ!

電話番号は0120-503-479と、かけてくるなら一般電話でかけてこいと思うのだが、勢いで受信してしまった。

まあいいかと話を聞いてみることに。

話していると、いつもの「プロバイダ変えると安くなりますよ」というものではなく、「インターネット使ってないならネット契約を解約しましょう」という内容だった。

さて、ここで疑問。

回線を光変更すると、無条件で電話と共にインターネットがついてきます。

まあこれは、NTTがはじめたことで「時代はインターネットだからインターネットを導入しよう」→「時代は光だ!通信速度を考えると、メタル線の代わりに光ケーブルに変えていこう」→「家に入れるのは光ケーブル1本にすればいい」→「電話とインターネット、一緒にしようぜ」という感じだった。

インターネット契約のみも可能となってはいるが、かなり稀なものである。

さて、そういった共用光回線からインターネットだけを抜くことはできるのか・・・答えは、できない!なのです。

光回線からアナログ回線に戻して、電話のみに戻すという作業ならできる。

ただこれは、NTTに対して回線契約者本人が申し込まないといけないので、アドバイスぐらいはできるが中間業者は成り立たない。

そこで私は聞いてみた「それは個人がやることであって、あなた方業者に申し込みを行ってできることではない。いったいあなた方は、こんな電話勧誘をしてなにで儲けようとしているのですか?」

返答は「解釈した通信業者からお金をもらいます。」

ふむ?

一体なぜそこでお金が発生するのだ??

うーん・・・・・・普通に考えると、代理店がインターネットの契約をして月々の利用料が決定するのであれば、そこから代理店に一定額を戻せる。

だけど、無料でインターネットだけを解約するという内容だったため、通信業者にとってはマイナスでしかない。そこに儲けがないため、代理店に戻す金が生まれない。

そんなん、商売として成り立つわけがない。

もうちょいちゃんと話聞いておけばよかったなぁ。

 

さて、世の中に美味しい話なんてありません。

特に、電話をかけてくるような業者には必ず裏があります。

 

ここで、考えられる2つの考察を述べてみましょう。

 

1.実はプロバイダを安いところに勝手に変える説

お客様にとっては、「安くなった」がわかればいい。

業者にとっては、通信会社からの新規の獲得による返金がある。

インターネットの解約と言いながら、実はそうじゃなかったというやつですね。

 

2.違約金は当たり前ながらかかりますよ?説

はい、有力なのがこれですね。

今まで使っていたものを解約しようとすると、十中八九違約金が発生します。

それは通信業者に支払うもので、代理店は知らないと言えるものです。

商売として成り立つ方法を考えると、解約でお客様から違約金をもらった通信業者が代理店にお金をあげるという構図が一番しっくりきます。

 

あくまでも、お金の流れを元に考えた説なので、こうであるとは言えません。

まあ、変な電話には騙されないように。

自分で調べて答えを出すようにしましょう。