携帯の方にまた来ていました。

この手の通告メールもなかなかなくなりませんね(*^_^*)

メール本文

この度,貴殿がご利用されたサイトの未回収料金について,契約会社,及び,運営会社から,民事事件として訴状の手続きが開始される事を通知致します。

尚,裁判後の措置として,裁判所による執行証書の交付後,給料差し押さえ,及び,動産物,不動産の差し押さえを,裁判所執行官の立ち会いのもとで,強制的に履行させていただきますので,予め了承下さい。

訴訟内容及び,訴訟取り下げ等のご相談に関しましては,ご本人様からのみ,お受けしております。
退会処理を行うことで,即時訴訟の取り下げ等が可能となっておりますので,必ず,受付期日までにお問い合わせ下さい。

↓未回収料金詳細並びに退会申請はこちら↓
[アドレスが記載されていました]

電子メールでの通達となりますので,プライバシー保護の為,ご本人様からご連絡いただきますようお願い申し上げます。
このメールに直接返信されましても,一切応じられませんのでご注意下さい。

以上により,提携個人信用情報機関から回収の任,及び,債権債務の調査の委任通知とさせて頂きます。
なお,ご連絡は最初のリンク先からのみ受け付けており,本メールに直接返信しても一切無効であることを申し伝えます。

事件番号:(モ)235-9965
通達日:2015年5月1日
※訴訟取り下げ最終期日は,通達日から24時間以内です。
▼ご質問やその他のお問い合せはこちら
[アドレスが記載されていました]

解説してみよう

以前に説明したものと同類です。

記載されているアドレスを確認しましたが、仕様は全く同じでした。

2015年5月1日までに869,000円支払えという内容ですね。

以前と異なるのは、金額と内容の一部でしょうか。(期日やアクセス情報は、その場で表示するためパソコンによって異なります)

前回は弁護士を名乗り、法律がどうこうと難しい内容を記載してましたが、今回はわかりやすいですね。

さて、こういう内容のメールが来た場合ですが、基本は和解申請などの画面に行かないことです。

完全無視してください。

前々から言っていますが、こういった訴訟やら和解やらに関する内容は、申請元と申請先を明確に記載しないといけません。

怖いことが書いてあって、驚いてサイトを開いてしまった人、別にこれもなんて事はありません。

行かないようにというのは、内容がどうこうとか情報が漏えいするとかではなく、別のものが仕込まれている可能性があるというだけです。

サイトに記載されている情報から個人を特定する場合は、契約されているプロバイダやキャリアに情報を提示してもらう必要があり、しっかりとした法的手続きを取る必要があります。

普通の人には不可能です。

ごく稀にですが、本当に裁判所から訴状が届くことがあります。

そうなっても、慌てず騒がず堂々と裁判所に行ってください。

相手は、裁判になることを良しとしていないため、訴状は取り下げられることでしょう。

解析してみる

今回、送信元のアドレスのドメインが@i.softbank.jpとなっていたが、アドレスを少し変えて同じような内容を送っているらしい。

このアドレスは、ただのダミーだろう。

IPアドレスを追ってみたが、softbank管内から出ることはなかった。

巧妙に隠れているか、本当にiPhoneから送っているのか。

それとも、乗っ取ったiPhoneから送っているとか。

何にせよ、携帯に送られてきたメールの追跡は難しいわぁ。