さて、時代はネット生中継時代・・・・・・と2年ほど前に考えて、ネット生中継を扱っていこうと事業に組み込んだのですが、思っていたほど需要がない!!

あれから2年、スマホがとっても便利になって、気軽に生中継・・・・・・・・できない!!!

データ通信料の規制で、そんなことやったらすぐに速度が遅くなってしまうし、あまりやってもメリットがない!!!!!!

という感じで、あまり開拓されてこなかったんですよね。

Cerevoについて

いちはやくネットでLIVE中継というものに目をつけて商品開発を行っていた会社です。

LiveShellシリーズというUstream、ニコ生、YoutubeLIVEなどに対応した製品を開発してきた会社さんです。

従業員10人程度ではじまったこの会社ですが、今では50人ぐらいに増え、精力的に商品開発をしています。

http://www.cerevo.com/ja/

商品ラインナップを見ると、ジャンルがばらばらで楽しい会社さんですね。

LiveWedgeとは

http://livewedge.cerevo.com/ja/

今までのLiveShellシリーズは、簡単にインターネット生中継をおこなうための機材でした。

ビデオカメラに取り付けて、そのカメラで撮った映像を生中継するだけ。

カメラの切り替えを行うのあれば、別に複数のカメラ映像を切り替えるためのスイッチャーという機材が必要だったのです。

そこで誕生したLiveWedgeは、生中継とスイッチャーを1台で行うという画期的な機器なのです!!

4台までのカメラを切り替えながら生中継でき、切り替えエフェクトやワイプ処理、クロマキー合成など様々な作業が可能!

操作自体は、本体では簡単な作業しかできないが、iPadのアプリを使うと指先だけで簡単に操作できるのです。

今、とても真剣にこの商品を検討しています。

買えるのは月末になりそうだけど・・・・・。

か~ね~は~ら~え~~~~~~~~(笑)

買ったら使って報告しなきゃ(#^.^#)