大野まで行ってきた

朝5時起きで大野まで行って来ました。

もちろん目的は、ドローンでの映像撮影です。

先日、刈込池には行ってきたのですけど、今回の目的は九頭竜湖とその周辺の紅葉を撮るという目的ですね。

それプラス、あわよくば撮れたらいいなという感じで大野市の亀山城、雲海バージョンです。

かなり気象条件が整っていないといけないようで、年10日ほどしか現れない幻の「天空の城」なのです。

先日刈込池で会った人も「撮りに行ってるんだけど全然撮れないんだよ」と言っていました。

地元の人でもそんなんだから、ふわっと行って簡単に撮れるなんてものではありません。

出発

5時に起きて用意して、5時半頃に家を出ました。

ちなみに、霧は放射冷却現象ってやつで現れます。

山の水分が冷えて霧になり、その重さからより冷たい地表へと流れ込んでくるのです。

前日に雨が降ったり暖かかったりして、翌日の朝が急に冷えたりした場合に霧が発生するわけです。

昨日は・・・晴れでした。

ただ、朝の気温は3℃・・・起こる可能性があります。

まあ、そんな分析を頭の中でしながら、車を走らせているわけですが。

そして福井の端っこ美山地区にさしかかったとき、山の上に霧が溜まっているのが見えてきました。

さらに大野市に近づくにつれて、徐々に霧が里に降りてきています。

これは望みがありますよ!

そして大野市に入るトンネルを抜けて・・・・・・・・あれ!?霧がなくなった!!??

あ・・・・・山の向こう側だけかっ!!!!!!

ええ、大野市は山に囲まれた盆地です。

山で発生した霧は、外側へ流れていたようです・・・・・・ここでかなり愕然としました。

それでもほんの少しの可能性を信じて、亀山の下の駐車場で待つことにしました。

このとき、6時30分。

まだ霧は降りてこない。

待機

6時45分ぐらいでしょうか。

徐々に遠くの山が見えなくなってきました。

霧が降りてきています!

外側にもう出れなくなった霧が、空いている場所に流れ込もうとしている感じです!!

それが徐々に近づいて・・・・・・・あれ、ここまで来ない・・・・・

がっつり雲海状態になるには、50mぐらい先の木が薄ぼやけるぐらいになってくれないと・・・・・まだ、100mぐらい先の家がはっきり見える・・・・・・

と、こんな状態が20分ぐらい続きました。

そして7時10分、ついにそのときが訪れたのです。

離陸

亀山の木の上にも霧がかかり、薄ぼやけてきました。

今だ!離陸だ!!

福井県大野市 ~天空の城~大野城 その1

という感じで撮ったのがこれです。

まだまだ撮ったので、順次編集してアップしますけど。

全部で10分ぐらいの映像が取れました。

写真も数枚。

そして九頭竜湖へ

遠い・・・・

大野市からかなり遠い・・・・・・・

そして、全然紅葉綺麗じゃない・・・・・・・

撮った映像を見ると、まあまあ紅葉してるんですが、茶色が多く、赤とか黄色が少ないんですよ!!

今年はどうやらいまいちらしいです。

こちらの映像も、そのうち。

コメント

タイトルとURLをコピーしました