SIMフリー携帯の大本命

さて、先日Yahoo!モバイルでSIMカードの契約もしたのですが、SIMフリーの機体を持っていません!

というわけで、いくつかSIMフリーの携帯を調べてみました。

ZTE Blade Vec 4G

zteOS:Andorid4.4
CPU:1.2GHz(クアッドコア)
メモリ:1GB
本体記憶容量:16GB(microSD非対応)
ディスプレイ:5インチ(1280×720)

カメラ:外側800万画素、内側100万画素
本体重量:132g

対応通信規格
LTE:800MHz、1.7Ghz、2Ghz
無線LAN:IEEE802.11 b/g/n

総評
スペック的には低価格スマホより少し上という感じです。低下価格スマホの場合は、本体容量が8GBのことが多いんですよ。ただし、メモリが1GBだったり、microSDが使用できなかったりという点でマイナスです。
ちなみにこの機種は、OCNさんと契約しないと使用できないようなので、本体だけ買って・・・というわけにはいかないようですね。まあ、microSD使えない時点で、私は買わないですが。

freetel LTE XM

freetelOS:Andorid4.4
CPU:1.2GHz(クアッドコア)
メモリ:1GB
本体記憶容量:16GB(microSD対応)
ディスプレイ:5インチ(1280×720)

カメラ:外側800万画素、内側100万画素
本体重量:132g

対応通信規格
LTE:800MHz、1.7Ghz、2Ghz
無線LAN:IEEE802.11 b/g/n

総評
カーボン調の背面が格好いいけど、なんか長い!3万近くする割に、メモリが1GBというのはちょっと気になりますね。microSD対応で内臓も16GBというのは結構いいスペックだと思います。本当、メモリだけが惜しい機種ですね。あと、イヤホンジャックの穴が安っぽい・・・もう少し細かい作りも気にしてほしかった。

Ascend G6

ascendOS:Andorid4.3
CPU:Snapdragon 400 1.2GHz(クアッドコア)
メモリ:1GB
本体記憶容量:8GB(microSD対応)
ディスプレイ:4.5インチ(960×540)

カメラ:外側800万画素、内側500万画素
本体重量:115g

対応通信規格
LTE:1.7Ghz、2Ghz
無線LAN:IEEE802.11 b/g/n

総評
家電量販店などで一番よく見かけるSIMフリー端末ですね。福井だとパソコンの館に置いてあります。高級な作りで、ものすごく欲しくなるのですが、メモリと本体容量で躊躇します。十分な要領だとも思うのですが、値段と合っているかというと・・・。だけど、白が格好いいんですよね!!!

LG G2 mini

lgOS:Andorid4.4
CPU:Snapdragon 400 1.2GHz(クアッドコア)
メモリ:1GB
本体記憶容量:8GB(microSD対応)
ディスプレイ:4.7インチ(960×540)

カメラ:外側800万画素、内側130万画素
本体重量:121g

対応規格
LTE:800MHz、1.7Ghz、2Ghz
無線LAN:IEEE802.11 a/b/g/n

総評
メジャーどころの韓国メーカーですが、実に中途半端な性能になっています。メモリ、容量は安スマホですが、ディスプレイがそれ以下です。最低HDは欲しいところですね。その割に無線がaに対応しているという・・・欲しいのはそこじゃないんですよ!!ただ、背面に電源ボタンが付いているので、側面の「間違って押してしまう」ということがないのがいいですね。

Nexus5

nexusOS:Andorid5.0
CPU:Snapdragon 800 2.26GHz(クアッドコア)
メモリ:2GB
本体記憶容量:16GB
ディスプレイ:4.95インチ(1920×1080)

カメラ:外側800万画素、内側130万画素
本体重量:130g

対応規格
LTE:1.7Ghz、2Ghz
無線LAN:IEEE802.11 a/b/g/n/ac

総評
安くないSIMフリー端末です。Google純正の端末ですが、作っているのは韓国LGです。メモリと本体容量はいいのですが、このサイズでフルハイビジョンが果たして必要なのかわかりません。無線もacに対応しています。しかしながら、Nexusの伝統というべきでしょうか・・・microSDだけは絶対に装備しません。データはネットワーク上に保存しろという感じなのでしょう。デザインも好きになれないため、買うことはないですね。ちなみに、現在購入するとAndroid5.0ですが、店頭在庫やオークションなどだと4.4のようです。ただ・・・5.0にすると様々なアプリが動かなくなるため、半年ぐらいは4.4のままの方がいいでしょうね。

ZenFone 5

asusOS:Andorid4.4.2
CPU:Snapdragon400(1.2GHz、クアッドコア)
メモリ:2GB
本体記憶容量:16GB(microSD対応)
ディスプレイ:5インチ(1280×720)

カメラ:外側800万画素、内側200万画素
本体重量:145g

対応規格
LTE:800MHz、1.7Ghz、2Ghz
無線LAN:IEEE802.11 b/g/n

総評
ASUSが手掛けるコストパフォーマンス最高の端末です。私にとっての大本命と言える機種です。本体重量が他のに比べて20g程度重いぐらいで、他の性能は全てクリアしています。この機種はそれだけでなく、デザインが素晴らしいのです。手にフィットする曲線やその質感がたまりません!この端末は日本を意識して作っているらしく、ZEN「禅」なのだそうです。日本語入力にATOKを採用し、本格的に日本を見据えて作っていますね。現在オークションで手に入る機種は、3Gのみ対応の台湾版です。もちろん日本でも使用できますが、やっぱ日本向け製品の方がLTEに対応していたりするので、発売の11/8日を待ちたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました