LiveWedgeの事とサポートセンター

先日購入したLiveWedgeの続報です。

週をまたいでメールでの確認作業の後、25日にサポートセンターに発送、26日に到着、同日HDMIの不良を確認、新品発送となりました。

小さい会社だからか、こういうところは素早くて助かります。

仕事に間に合う~~~~♪

まあ、初期不良なのに送料負担とか、本当ならあってはならないのですけどね。

小さい会社だからしょうがないのか。

それと同梱して発送したLiveShellPROですが、これも買った当初からおかしかったんです。

  1. ACアダプタ挿した状態で電源を入れると、映像が配信されない。
  2. ACアダプタ抜いてバッテリーで電源を入れて配信後、ACアダプタを挿すと問題ない。

2が対処法なのですが、この対処法、当時同じように悩んでいた人のブログか何かで見て、知ったんですよ。

で、やってみて「ああ、確かにそうだ!」って。

明らかな不良なので、ファームウェアのアップデートで治されるのだろうと思ってたんですよ。

それが一向に治らないもので、今回ついでに聞いて、治るなら治してもらおうかと思ったんですよ。

そして届いた見積もりが、18,762円。

内訳は調査解析で4,320円、部品で13,824円、送料618円というもの。

部品代でこれだけかかるということは、基盤の取り換えでしょう。

発送と道の状況から、届いたのは昼便だと思うのですが、そこから調査解析という作業を経て、基盤取り替えという結論に至るまでの時間がかなり短いことを見ると、こっちが言っている状態を一通り試して確認して、面倒だから新しい基盤をいれてしまえとなった感じでしょうか。

送った商品が特殊なブラックエディションでなければ、本体ごと交換という提案もされたかもしれないですね。

とりあえず今回の教訓として学んだことは、おかしい事があればすぐにサポートセンターへ連絡しよう!ということですね。

ファームウェアのアップデートで治るだろうと思って待っていた自分が馬鹿みたいです。

無駄な出費だわ・・・まったく。

LiveWedgeが到着したら、使ってみて報告します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました